短期や短時間の副業に挑戦してみては?

私は以前ある大学の講義のアシスタント業務をしていたことがあるのですが、大学というのは夏休みが長いのでその間アルバイトすることは許可されていました。
そこで私は短期でも雇ってくれそうな求人をさっそくを探しました。
私はデスクワーク以外の仕事がいいと思い、プリンターの製造部品を作っている工場の夜勤専属バイトとして約1ヶ月半務めることにしました。
時間は夕方の5時から13時まででした。
私は工場というところがはじめてだったので社会科見学のような気持ちでした。
仕事の内容は特に難しいことはないのですが体力と集中力が必要な現場でした。
ライン作業になるので誰か一人でもミスするとラインが一旦止まってしまうため思っていた以上に緊張感もありました。

 

しかしなんとかがんばって夏休み中そのバイトにせっせと通っていました。
そして無事努め上げることができてその後の給料明細を見ると、最初から契約時に時給などがわかっていたのでおおよその検討はついていたのですがまあまあ悪くない金額が載っていました。
夜勤手当と深夜手当がつくのが大きかったです。

 

今では細切れ時間のバイトというのも色々あるので自分の都合がつくようなら、そういうのをやってみても随分収入が違ってくると思います。

短時間の副業ーお金と上手に付き合う方法関連ページ

アンケートサイトでお小遣い